« 9月14日 シェリーウッド | トップページ | 9月16日 ロンサカパ »

9月15日 竹鶴17年

僕の「山崎は日本人の偉大な発明だ」という言葉に触発されてマスターが出してきたのは竹鶴17年である。

これはニッカのお酒で、安売りのスーパーで買っても5000円をこす高級ウィスキーだ。

山崎にくらべて少しスモーキーでシャープな感じだが、風味は十分豊かでうまい酒であった。

ところで僕は家にも5000円程度の酒はいくつか常備してある。

だが、かねてより家で飲むのとバーで飲むのとでは味がかなり違う気がしていた。

僕はいつもロックで飲むのでレシピも何もなく、味がかわるはずもない。

だが、はっきりと違う、と感じる。

味をおいしくするために何か入れてるんじゃないのか、砂糖とか、といつも勘繰っていた。

そこでこの違いはなんなのかマスターに聞いてみた。

答えはただ、氷を入れ酒を注いでいるだけとのこと。

雰囲気に酔っているだけということなのだろうか。

|

« 9月14日 シェリーウッド | トップページ | 9月16日 ロンサカパ »

酒飲み、踊る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月15日 竹鶴17年:

« 9月14日 シェリーウッド | トップページ | 9月16日 ロンサカパ »