« 機動戦士Zガンダム 12 グリプスを巡る三つ巴・前 グリプスはアクシズへ | トップページ | 機動戦士Zガンダム 14 グリプスを巡る三つ巴・後 ティターンズの壊滅 »

機動戦士Zガンダム 13 グリプスを巡る三つ巴・中 メイルシュトローム作戦

エウーゴはメイルシュトローム作戦にでる。アクシズに奪われたコロニーレーザーの電気系統の破壊。あわよくば奪い取る作戦だ。

戦闘空域でハマーンはカミーユのプレッシャーに鳥肌をたたせる。

「おまえは戦いの意思を生む源」と断定するカミーユに対し、ニュータイプと認めるハマーンは12個のファンネルで攻撃する。

カミーユとハマーン、ニュータイプ二人の対峙中、あたりの空域に奇妙な思念が渦巻く。相手の陰に自らの記憶が投影され視覚化、感覚は深化し共感を呼んだ。やがて「同じものを見ている」状態がうまれた。

カミーユはここに人類の革新を見出したが、ハマーンは心の奥底を覗き見られた不快感から拒否、苛烈に攻め立てる。

しかしカミーユはキュベレイを半壊させ撤退させる。グワンバンほかアクシズ艦隊も退却していった。

かくしてメイルシュトローム作戦は成功、グリプス2はエゥーゴの管理下となった。

この戦闘でハマーンはカミーユの存在をもっとも恐ろしいものとし、まずカミーユをたたこうと決意。アクシズをグラナダに落とす作戦にでるも、ラーディッシュがコントロールしていたコロニーレーザーの発射によって進路変更、グラナダは壊滅を免れた。

戦いの中、カミーユは自身がニュータイプと自覚するようになり、またその役割も使命として受け止め始めた。

|

« 機動戦士Zガンダム 12 グリプスを巡る三つ巴・前 グリプスはアクシズへ | トップページ | 機動戦士Zガンダム 14 グリプスを巡る三つ巴・後 ティターンズの壊滅 »

物語 映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士Zガンダム 13 グリプスを巡る三つ巴・中 メイルシュトローム作戦:

« 機動戦士Zガンダム 12 グリプスを巡る三つ巴・前 グリプスはアクシズへ | トップページ | 機動戦士Zガンダム 14 グリプスを巡る三つ巴・後 ティターンズの壊滅 »