« 機動戦士Zガンダム 9 第三勢力 アクシズ | トップページ | 機動戦士Zガンダム 11 グリプス始動 »

機動戦士Zガンダム 10 ダカール演説

ラビアンローズでの補給を受け、アーガマは地球のカラバとの共同作戦にでる。

衛星軌道上からティターンズのキリマンジャロ基地を攻撃し目を宇宙にむけさせ、その隙をつきカラバが直接基地を叩くというものだ。

カミーユのZとシャアの百式は地球へ降下しカラバの部隊に組み込まれた。

キリマンジャロ基地に侵入するカミーユとシャアに立ちはだかったのはサイコガンダムであった。カミーユはパイロットのフォウを連れ戻そうとするも、以前より精神は強化されておりカミーユに気づかない。しかしカミーユの強い思念はフォウの精神を揺さぶり、錯乱させた。

キリマンジャロに逗留中のジェリドも加わり混戦状態となる。

カミーユは戦闘中にありながら幾度も呼びかける。その虚を突きZの背後からジェリドのバイアランが攻撃を仕掛けた。そこへ割って入る機体があった。ついに正常に復したフォウのサイコガンダムであった。

アムロとシャアの眼前で起こったその惨劇は、かつての自分たちとララァ=スンを思い起こさせた。

悲しみの中、カミーユは戦争の終結を祈りシャアの決起を促す。

これを受け止めたシャアはダカールで行われていた連邦議会を乗っ取りエウーゴ代表として、またジオン=ダイクンの子としてその意思を語った。

この日を境にエウーゴ肯定、ティターンズ否定の世論へとかたむいていった。

|

« 機動戦士Zガンダム 9 第三勢力 アクシズ | トップページ | 機動戦士Zガンダム 11 グリプス始動 »

物語 映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士Zガンダム 10 ダカール演説:

« 機動戦士Zガンダム 9 第三勢力 アクシズ | トップページ | 機動戦士Zガンダム 11 グリプス始動 »