« 6月3日 チョコとご臨終 | トップページ | 6月5日 5国 »

6月4日 ワールドカップ

Jリーグ発足に沸いた年、僕は高校1年生だった。

流行に敏感な15歳のクラスメイトたちハシャギまくり、昨日の試合がどうだったとかあの選手をだせとか解説者ゴッコを楽しんでいた。

タカマツ君はミサンガを見せびらかし悦に入っていた。(もうそのタカマツ君も死でしまったのだけれど。)

サッカーがそこそこ好きな陸上部キャプテンも「あの選手」が誰なのかまったく知らないと言っていた。おそらく2軍の選手だろうと教えてくれた。

僕はJリーグにどうしても興味が持てなかった。

みていて面白くないのだ。

スピード感はないし、技術も拙いと感じた。ゴールパフォーマンスだけが派手すぎて滑稽だった。

翌年の94年。ワールドカップがアメリカで行われた。

「オレ、全試合録画して保存版にするんだぜ」

「俺なんて、全試合録画してさらにダビングして、一般用と保存用と分けるんだもんね」

「おれは全試合生でみる!」

とクラスメイトたちは自身の考えうる最大の「好きさ加減」をぶつけあい大盛り上がりを見せていた。

やれやれ、と思っていた僕だったが、ある時偶然試合を目にした。

これが、面白かった。

どの試合かは覚えていないが、Jリーグと全然質がちがうのだ。

パスの正確さやトラップの技術なんてのはど素人の僕が見ても差が歴然としていた。

野球と違ってノンストップだからテレビにくぎ付けになってしまった。これがサッカーか、と得心がいった。

それ以来、サッカーはワールドカップ本戦しか見ない。

ただみるだけではスリリングではないので、賭けをしている。

|

« 6月3日 チョコとご臨終 | トップページ | 6月5日 5国 »

日々雪月花 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6月4日 ワールドカップ:

« 6月3日 チョコとご臨終 | トップページ | 6月5日 5国 »