« ラー油をもとめて 番外編 | トップページ | 5月15日 残るのは僕 »

5月14日 珠希は、はいはいをする。

僕はろくなことをおもいつかない。こまち(左上のチワワ)に対してもいろいろ知的好奇心を満たす協力をしてもらった。

珠希は、はいはいをする。

で思いついた。

珠希ははいはいで前へ進むとき、先に手を前に出すのか、足(膝)を前にだすのか。

気がつくと僕は珠希の背後にまわり両足首をつかんでいた。

床はよく滑るフローリング。珠希のはいはいする膝の動きに合わせ、滑らせるような感じで僕は手を前後させる。

珠希は、前にすすまない。

手の位置はそのままの位置にあり動かない。

足だけがもがくようにその場所を行ったり来たりしている。

珠希は困惑の表情を浮かべながらも、決して前へ進まない。

横では珠希の母が腹抱えて笑っている。

はいはいとはつまり、まず足の力で前に体を押しやり、追随するように手を前に出す、という進ませ方をするらしい。

|

« ラー油をもとめて 番外編 | トップページ | 5月15日 残るのは僕 »

日々雪月花 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5月14日 珠希は、はいはいをする。:

« ラー油をもとめて 番外編 | トップページ | 5月15日 残るのは僕 »