« 2月27 視点 | トップページ | 津波がやってくる② »

2月28日 津波がやってくる①

西暦2010年2月27日、南米チリの首都サンチアゴ南の海岸でマグニチュード8.8の地震が起こった。

世界最大の地震国である日本だが、地球の裏側の地震にまで敏感なわけではない。通常は。今回は違った。1960年のチリ地震の教訓から気象庁は太平洋沿岸に津波警報を発令。地域によっては大津波警報を出した。

日本に津波が到達するのは2月28日の14時頃。

 

この日は日曜日。

僕は不謹慎ながらもわくわくした。

もちろん、大海原を隔てた国では多くの人が死に、また略奪行為もあることは承知している。しかし、すべてにまじめぶって「お気の毒に」と瞳をうるうるさせるのはどうも嘘くさい。うるうるの暇があれば募金などをすればいい。

先進諸国民は食べるために必要なものを除いたすべての“円”や“ドル”や“ユーロ”をセブン・イレブンの募金箱へ投げ込めばいい。(むずかしい経済論はナシだぜ)

 

「それはそれ、これはこれ」

僕は今回の津波を楽しむことにした。

津波をこの目で拝めるなんて言うのは人生で早々あるわけではない。

「あの時の津波、すごかったぜえ」

とバー・カウンターで女の子に語りたいのである。

|

« 2月27 視点 | トップページ | 津波がやってくる② »

日々雪月花 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2月28日 津波がやってくる①:

« 2月27 視点 | トップページ | 津波がやってくる② »