« 10月10日 都庁の上でおめでとう | トップページ | 10月11日 佐々木さんの苦悩・後編 »

10月11日 佐々木さんの苦悩・前編

2009年。中日の最終戦。

なかなか見られない「監督の抗議」に遭遇。わくわくしたね。

試合は終盤。ヤクルト4番、デントナのあたりは惜しくもファール。黄色いポールの手前を白球が通過していった。僕は3塁ベースうしろ内野席で観戦していたので、よく見えた。

まわりの中日ファンも安堵のため息を漏らした。「おおぉ~、あぶねえ」と。

今日は吉見の最多勝がかかっている試合。これがホームランならその権利を失してしまう。おまけに立浪のレギュラーシーズン最終試合だぜ。ペナントの順位は確定しているが決して消化試合ではない。

しかし3塁累審佐々木さんのジャッジはホームラン。

球場は異様な雰囲気に包まれる。まずは事態が把握できない、つぎに疑問の声が周囲をとりまく。デントナがホームに達した頃ようやく事を理解したファンと選手たち。それほど確実にファールの打球だった。反対に1塁側スタンドはお祭り騒ぎ。位置的にもよくみえないだろうし、まあ、贔屓のチームに点が入るのだからノッとくでしょ。

バックスクリーンに再生VTRが流れる。やはりファールである。ポールは判定をしやすくするために黄色いのである。打球がポールをかすったということなら理解できるが、かすったかどうかなんてだれにもわからないはずである。

当然落合監督も黙っちゃいない。選手を引き上げさせる。長い抗議の上、審判団からの解説があったのだが、これが驚きだ。

つづく。

|

« 10月10日 都庁の上でおめでとう | トップページ | 10月11日 佐々木さんの苦悩・後編 »

日々雪月花 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10月11日 佐々木さんの苦悩・前編:

« 10月10日 都庁の上でおめでとう | トップページ | 10月11日 佐々木さんの苦悩・後編 »