« 八月四日 七月二十二日、皆既日食 | トップページ | ウィスキー大会・大会ルール »

ウィスキー大会・選手紹介

2009年8月7日。13種類ものウィスキーが集結した。

飲み比べてどれがうまいか決めようというわけだ。複雑雑多なウィスキーを選ぶ時もう迷わないように。

まずは、戦士たちを紹介しよう。数多くのウィスキーの中から、なんとなくポイントをとらえた選び方だと思う。価格は大体の購入価格として参考にしていただきたい。

響17年 日本 ブレンド 8,900円

山崎12年 日本 シングルモルト 6,700円

山崎10年 日本 シングルモルト 3,700円

白州12年 日本 シングルモルト 6,800円

サントリーローヤルプレミアム15年 日本 ブレンド 4000円

角瓶 日本 ブレンド 1,100円

バランタイン12年 スコットランド ブレンド 3,500円

シーバスリーガル12年 スコットランド ブレンド 2,500円

マッカラン12年 スコットランド シングルモルト 4,000円

ワイルドターキー8年 アメリカ バーボン 2,300円

ジャックダニエル アメリカ ブレンド 1,800円

フォアローゼス アメリカ バーボン 1,300円

ジムビーム アメリカ バーボン 1,100円

何とも値段に大きな差があるものか。この差を覆すことは果たしてできるのか。

個人的には響17年と山崎12年の二強。そこにスコッチがどこまで食らいつけるかがポイントとなりそう。

それと白州12年の存在が不気味なところ。いままで飲んだことがないので楽しみだ。

さらに山崎10年。熟成年数2年の差はどの程度かみものである。

反対にアメリカ系は厳しい戦いになると予想される。ワイルドターキーの踏ん張りに期待したいところだ。

RED、アーリー、ハーパーもほしかったが、ジャックやフォアローゼスと大差ないだろ。

あれ、アイリッシュ系が無い。

|

« 八月四日 七月二十二日、皆既日食 | トップページ | ウィスキー大会・大会ルール »

酒飲み、踊る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー大会・選手紹介:

« 八月四日 七月二十二日、皆既日食 | トップページ | ウィスキー大会・大会ルール »