« ウィスキー大会・審査終了 | トップページ | ウィスキー大会・終了 »

ウィスキー大会・個別感想

前回も書いたが、ウィスキーというのは値段が如実に味に反映されるようだ。

それもうまいか、まずいかが極端にあらわれる。ここは出費を覚悟していい酒買おう。

個別の感想を書く。

山崎12年

とにかくまろやかである。くちあたりよさは特筆すべきものがある。甘味と香りが豊かであるため、ウィスキーが苦手な人も飲めるはずだ。安いウィスキーしか飲んだことがなくて苦手意識を持っている人はぜひ一度飲んでもらいたい。衝撃をうけるはずである。

響17年

山崎12年と近い味だが、多少ウィスキー臭い。その分味に奥行きがあると言える。アルコール好きの人は山崎12年よりもこの響17年の方が好きかも。

見た目麗しいボトルに惹かれ買う人も多いのではないか。

バランタイン12年

ピート(泥炭)で香りづけしてあるスコッチらいいスコッチ。口あたりよく、無難に仕上げていると思う。

白州12年

これもピートでの香りづけがしてある。山崎との違いはここにあったか。

シーバスリーガル12年

これもピート。バランタインと白州と味に大差はない。ただ、このシーバスリーガルが一番癖がないように感じた。価格面のこともあるので、同系3種の中での一押しとしておこう。

山崎10年

2年の壁は厚かった。実に分厚かった。山崎12年のあのまろやかさは消え失せ、味に鋭角さが出てしまった。ただ、癖はないのでハイボールの刑に処すならこの山崎10年がいいだろう。

少々贅沢なハイボールか。

サントリーローヤルプレミアム15年

アルコール臭強いな。これはきつい。熟成年数が嘘のようだ。値段は安くないだけにお勧め度はかなり低くならざるを得ないなあ。

マッカラン12年

こんな味だったっけ。同一熟成年度だとジャパニーズウィスキーに軍配が上がるな。

これなら、スーパーピート臭いラフロイグを堪能した方がいい。

ワイルドターキー8年

バーボンの味は嫌いではない。好きだ。このワイルドターキーも好きなウィスキーだった。すこしフレーバーな感じもある。

ただ、舌にビリビリくる刺激がある、山崎12年なんかを飲んでしまうと余計に感じる。

そのせいで過小評価を受けた感じはあるかな。

ジャックダニエル

やっぱり舌ビリビリ系。フレーバーさがないため個人的にはいつもターキーに一歩後れを取っている感じ。

このあたりからコーラの刑に処すのが当たり前になってくる。

角瓶

はい、舌ビリビリ。ただ日本のウィスキーであるためあまり癖はない。コーラやトニックウォーターで割るための酒として常備しておくといい。

フォアローゼス

当然のようにビリビリ。それだけ。

ジムビーム

今回の単独最下位。問答無用で舌ビリビリ&ゴムの不快なにおいもある意味不明な酒。個性的ゆえそこがいいという人もいそうだけど、広く一般には受け入れられないだろう。

|

« ウィスキー大会・審査終了 | トップページ | ウィスキー大会・終了 »

酒飲み、踊る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィスキー大会・個別感想:

« ウィスキー大会・審査終了 | トップページ | ウィスキー大会・終了 »