« 一月十三日 名古屋探訪 3 | トップページ | 一月十五日 名古屋探訪 5 »

一月十四日 名古屋探訪 4

これまで「名古屋市」「名古屋」「名古屋駅」と似たような単語が出てきたが、微妙に異なったニュアンスをもっているのでまとめておこう。

「名古屋市」の中に「名古屋」という地域がある。行政区画の中の街だ。そしてこの「名古屋」は「名古屋駅」とほぼ同義なのである。

「東京」という都市の中に「東京」という地域があり、これは「東京駅」として認識されるのと同じことだ。

愛知県外から「名古屋に行く」といった場合「名古屋“市”」に行くということになるが、名古屋市民が「名古屋に行く」といえば「名古屋駅」に行くということに他ならない。

丸の内、八重洲に対し、桜通り口、太閤口というのも存在する。

しかしながら「名古屋≒名古屋駅」という地域自体は非常に狭い。ここ数年は超高層ビルが建つなどし発展の気配もあるがやはり交通の中心地であろう。

ちなみに名古屋の人間は「名」を「メイ」と読み、様々な省略語として使う。

名古屋駅は名駅(メイエキ)であるし名古屋鉄道は名鉄(メイテツ)、名古屋大学は名大(メイダイ)である。名古屋の人間にとってメイダイとは明治大学のことではない。

|

« 一月十三日 名古屋探訪 3 | トップページ | 一月十五日 名古屋探訪 5 »

日々雪月花 2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一月十四日 名古屋探訪 4:

« 一月十三日 名古屋探訪 3 | トップページ | 一月十五日 名古屋探訪 5 »