« 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY | トップページ | 九月一日 生き急ぐ »

機動戦士Zガンダム 0

時代背景


一年戦争後、宇宙は地球連邦政府により統治されていた。

ジオン・ダイクンの理想は叶えられることなく、時間と人の命だけがむなしく積み上げられた。

依然として特権階級だけが地球に住み続け、その他大勢はスペースコロニーにて生活を送る。このような処遇が差別心を育んでいた。

一年戦争で人口の半数が死亡したということは、ジオン・ダイクンにとってこの上ない痛烈な皮肉に思えたことだろう。

ジオンの残党はしばしば連邦を脅かしていた。デラーズ紛争により緊張は頂点を迎える。

呼応する形でジャミトフ・ハイマン主導の下、ティターンズが結成された。

ジオン軍の残党狩りを主な任務としたエリート部隊である。

ティターンズは連邦軍でも大きな発言権を得るようになっていったが、同時に暴力性も増していった。

暴力の矛先は次第に反連邦のスペースノイド全体へと向けられていった。

スペースノイドの反発心は高まり、連邦のブレックス・フォーラ准将がついに反地球連邦組織エゥーゴを結成、活動を開始する。

ブレックスは旗印にすぎずエゥーゴの事実上の指揮官はクワトロ・バジーナ大尉であった。真っ赤なスーツになびく金髪。大きめのサングラスが顔の半分近くを覆っているため表情は乏しいが、優雅な物腰と威圧感に誰もが一目を置いていた。

|

« 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY | トップページ | 九月一日 生き急ぐ »

物語 映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士Zガンダム 0:

« 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY | トップページ | 九月一日 生き急ぐ »