« 機動戦士ガンダム 0-1 | トップページ | 機動戦士ガンダム 1 »

機動戦士ガンダム 0-2

0-2.一年戦争勃発

宇宙世紀79年。ジオン公国は地球連邦に対して独立戦争をしかける。一年戦争の勃発である。

この時点でデギンは公王の地位にあるものの半ば失脚しており、長子であるギレン・ザビが実権を握っていた。 

ギレンはアースノイドに対するスペースノイドの不満を巧みに利用し、選民思想へ飛躍させ戦争の大義を説いた。

戦争はモビルスーツとよばれる人型の兵器が重要な役割を果たすこととなる。ジオンはザクというモビルスーツの量産に成功、国力の差を跳ね返し攻勢にでていた。

シャア・アズナブルは戦果を次々に挙げていく。ルウム戦役ではパーソナルカラーの赤に染められたザクに乗り込み、1機で戦艦5隻を沈めたことから「赤い彗星」の異名で恐れられることとなる。

1ヶ月で総人口の半数が死亡。のち8ヶ月の膠着状態が続く。

|

« 機動戦士ガンダム 0-1 | トップページ | 機動戦士ガンダム 1 »

物語 映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム 0-2:

« 機動戦士ガンダム 0-1 | トップページ | 機動戦士ガンダム 1 »