« それでもボクはやってない | トップページ | 二月二十七日 サントリーニのイアに一目ぼれ »

二月二十六日 脳内検索メーカー

以前おしえてもらった『脳内メーカー』の姉妹版『脳内検索メーカー』で遊んでみた。姓と名にスペースなしで入力。結果、僕の検索したがっていることは……

女の一生

女の一生

モテ

社交辞令

ヨーロッパ周遊

だそうだ。

“女の一生”がモーパッサンの作品のことを指しているなら検索することもあるだろう。なんで2個あるの?

“モテ”の意味は「人気があること。他人から好まれること。」でいいのだろうか。モテるための奥義を知りたいとは思うが、検索することはないな。インターネットで検索している時点でモテないと思うので。そういうステレオタイプの“モテ”は好きではないので。同じステップで踊るのは盆踊りだけにしてください。僕はこんなだから犬にしかモテないのかもしれないね。もっとも、マニュアル的なモテとは一体どういうものだろう、と一つのケーススタディ(そう、小林緑(『ノルウェイの森』)のような好奇心)として なら検索するかも。

“社交辞令”。調べるか?勘弁してください。

“ヨーロッパ周遊”は、興味ある。時間と金と言語の壁という三要素を乗りこえららればすぐにでも行きたいものである。大英博物館、ロンドン塔、モンサンミシェル、ルーブル、ヴェルサイユ、シテ島、ヴェネツィア、システィーナ礼拝堂、などなど。そして一目惚れしたイアへ。

|

« それでもボクはやってない | トップページ | 二月二十七日 サントリーニのイアに一目ぼれ »

日々雪月花 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二月二十六日 脳内検索メーカー:

« それでもボクはやってない | トップページ | 二月二十七日 サントリーニのイアに一目ぼれ »