« 第十二回 アサッテの人 | トップページ | 四月一日 難解なエイプリル・フール »

三月三日 なんでもない三月

かつて、大変に印象深かった三月。

冬の終わり、芽吹く木々から緑の匂いがすれば、成長を感じ取れた年度最終月。新たに一つ年を重ねる月。

いまやなんの特徴もない月へなってしまった。

しかし、浮かれ気分を秘めたようなほの暖かい空気を感じれば、なつかしさは蘇る。

三月はなんでもない月になってしまったが、五感が記憶している。

|

« 第十二回 アサッテの人 | トップページ | 四月一日 難解なエイプリル・フール »

日々雪月花 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三月三日 なんでもない三月:

« 第十二回 アサッテの人 | トップページ | 四月一日 難解なエイプリル・フール »