« 二月二十七日 サントリーニのイアに一目ぼれ | トップページ | 二月 »

二月二十八日 主体的に学ぶ

エネルギー保存の法則とか量子とか素粒子とかナノマシンとか力学とかいわゆる理系をまったく学ばずにきてしまった。

興味が無いわけではない。むしろ知りたいと思うことが数多くある。欲求は存在するが、一方それを満たすために必要とされる学習エネルギーは弱っている。

矛盾するようだがそうではない。主体的に積極的に苦労できなくなっているだけなのだ。人にわかりやすく説明してもらうのならなんの抵抗も無い。由々しき問題。

大学時代のアルバイト先に東京理科大に通う後輩がいた。休み時間や暇な時間帯に思いつくままに様々質問をぶつけていた。

「興味が○○に集中していますね」といわれた。○○にはいるのが化学なのか物理なのかなんとか化学なのかは忘れてしまった。化学にという幹にどのような枝葉があるのかも知らないのだから。「目の前で起こる現象の理由や成り立ち」に対する質問だったと思う。現在でもそのようなことを知りたいとおもいWikipediaをひもとくこともあるから。

中学の教科書から読もうかな。

|

« 二月二十七日 サントリーニのイアに一目ぼれ | トップページ | 二月 »

日々雪月花 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二月二十八日 主体的に学ぶ:

« 二月二十七日 サントリーニのイアに一目ぼれ | トップページ | 二月 »