« 二月十一日 仕事の話 | トップページ | 二月十三日 回し飲み 続き »

二月十二日 回し飲み

求道館という名の剣道道場に通っていた。五年生の終わりに遠く他県に引っ越すまでの3年間皆勤賞で通い続けた。

転校に関してはいろいろ学ぶことがあった。たとえば、“まさかと思うことが自分の身に降りかかる”ことを覚えたのもこの転校という事件からだった。世界は自分を守るようにはできていない。

まあいい。今回は転校の話じゃない。回し飲みの話だ。

稽古には自転車で通っていた。道着と袴姿で15分の道のりを6段変速を鮮やかに使い分けてしゃこしゃこ往復していた。

ある日のこと、稽古を終えて帰るしゃこしゃこ軍団に先輩がまぎれていた。先輩といっても普段は顔をあわせない人で「この人学年が上の人だ」という認識のみがあったにすぎない。高学年と中学年とでは稽古の時間帯が違っていたから、おそらく稽古納めの日などの、道場に通う全員が一堂に会す特別な日だったのだろう。

その先輩がコーラを買うと言い出した。小学生が小遣いもって道場に通うなんてあまり考えられない。少なくとも僕は持っていなかった。稽古終わりのコーラが習慣なのか、先輩風を吹かしたくて仕込んできたのか今となってはわからないが、宣言どおりに100円玉1枚でコーラを買った。

そして「回し飲みしようぜ」と言った。

つづく

|

« 二月十一日 仕事の話 | トップページ | 二月十三日 回し飲み 続き »

日々雪月花 2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二月十二日 回し飲み:

« 二月十一日 仕事の話 | トップページ | 二月十三日 回し飲み 続き »