« 九月二十五日 十五夜 | トップページ | 九月二十七日 忘れ去られた重陽 »

九月二十六日 朧

 占いについて。
 100%信じていない。教育への巨額資本投下と科学技術の恩恵の満ちる世界に生きる現代人として占い、易、八卦、予言などなどとても信じる気にはなれない。
 これはとても個人的な話だ。

 朝八時前のテレビにて
「牡羊座のみなさん。本日のラッキーアイテムは最新型の携帯電話!」
なんてやっているが、ここがうさんくさい。携帯が普及していない20年前なら絶対に言わなかったであろうことが姑息な帳尻あわせのあらわれである。

 また
「双子座のあなたは500カラットのダイヤモンドを持っているとハッピーな予感」
とも言わない。極めて実現困難なことは提示してこない。やはりうさんくさい。

「獅子座の君には絞殺死体がオススメアイテム!」
もちょっと考えられない。入手自体はダイヤモンドに比べると容易だが(世界最大500カラットのダイヤは唯一、イギリス王家の王勺についているもののみ)非道徳的なことは決して言わない。うさんくさい。

 逆に身近すぎるものにも矛先は向かない。
「天秤座の彼女にはずばりコレ!二酸化炭素が一押し!」
なんて聞いたことない。
 
 すでにみんなが持っているものも言わない。
「射手座の方々、今日のラッキーアイテムは100円玉です!」
記念硬貨ならありがちなところがうさんくさい。

 どうも全体的に視聴者に媚売っている気がしてならないのだ。つまりビジネスを感じるのである。

 そう真剣になるなよ、気楽に考えればいいんだよ。との意見があるだろうが、そうなのである。お気楽な遊びなのである。遊びとしての占いは僕も好きで、インターネットで探り当てた占いサイトを片っぱしからやった。動物占い、日本史占い、犬占い、虫占いや、電化製品占いなんてものもあった。ドラゴンボールキャラ占いではブルマだった。

 がははと笑っておしまい。それが正しい占いの利用法である。
 個人的な話。

|

« 九月二十五日 十五夜 | トップページ | 九月二十七日 忘れ去られた重陽 »

日々雪月花 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九月二十六日 朧:

« 九月二十五日 十五夜 | トップページ | 九月二十七日 忘れ去られた重陽 »