« 十二月十一日 わかったよ、やればいいんでしょ5000回 | トップページ | 十二月十五日 だから心して聴くの »

十二月十三日 風花

 歳を重ねるごとに寒さに強くなっていく。 

経験があるからなんだろう。子供の頃は一年がものすごくながくて、昨年の寒さを忘れてしまうが、大人になると一年があっという間で、一月から二月にかけての寒さを、理性的に覚えている。感覚ではなく。そのため覚悟が備わる。「この位寒い」と知っているのだ。太平洋沿岸の都市部で生活する限りは寒いといっても高が知れているし。

 寒い寒いと言いながら買出しに行った食材でつくる鍋と、夏よりも念入りに冷やしたビールが旨かったりする。

 ファッション面でのいいところといえばコートさえ着ていればすべてを隠せるということだ。よれたセーターやこぼしたコーヒーが付着しているトレーナーを着ていても問題ない。

「すべてを隠す」

いい言葉だ。一見完全無欠のようだが、いつかばれる日が来るんじゃないかっていう怯えが心の奥底でくすぶっているようで。

 そういう季節。寒いから寄せ集まる。集まればばれることもある。ばれちゃまずいから精進する。

|

« 十二月十一日 わかったよ、やればいいんでしょ5000回 | トップページ | 十二月十五日 だから心して聴くの »

日々雪月花 2007」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十二月十三日 風花:

« 十二月十一日 わかったよ、やればいいんでしょ5000回 | トップページ | 十二月十五日 だから心して聴くの »